ムダ毛の自己処理によるリスク

カミソリ負け

脱毛にお金を掛けたくないという方の多くは、カミソリなどを使って自己処理を行うことかと思われます。
生え続ける毛を一時的に無くして、綺麗な肌にするために欠かせないムダ毛の自己処理は、確かに大事なことではあります。
しかし、自己処理には重大なリスクがあります。

カミソリを使ってムダ毛処理を行う場合、カミソリの刃が肌に直接当たるため、肌の表面が傷ついてしまいます。
傷ついた時、肌の表面はヒリヒリと痛み、人によっては出血することもあります。
寒くもないのに、肌がまるで鳥肌でも起こしたかのようにブツブツしてしまうこともあります。
これをカミソリ負けと言い、それ以降もカミソリを使おうとすると痛みを伴ったり、出血を伴うことがあります。
カミソリ負けをしてしまった皮膚はプツプツと赤い点になり、しかも消えないため、結果として肌が汚く見えてしまいます。
綺麗だった肌に赤い点が複数できてしまうと、露出のある服も着ることを躊躇ってしまいます。

このようにカミソリ負けには肌を傷つけてしまう、汚くしてしまうというリスクがあります。
とはいえ、定期的に処理をしなくては毛はどんどん生えてきます。
だからこそ、肌へのダメージが強くないクリニックやサロンでの脱毛が推薦されるのです。
施術を複数回行うことで、その部分から毛が生えてくることななくすため、面倒な自己処理もまったく必要なくなります。
カミソリ負けが怖い!という方にとって、脱毛はぴったりと言えるでしょう。

矢印(次の記事へ)
ページ上部へ戻る