ダイエットの基本!自分の適正体重を知ろう

体重計を持った女性

ダイエットを始める時に皆さんが一番重要にしているのが体重。体重は見た目とは必ずしも一致するとは限りません。
見た目は細くても体重はしっかりあるという人や、逆に見た目は大きくても体重は思っているよりも少ないという人もいます。
「人は見た目が大事」と良く言われていますが、実は体重はこの「見た目」で計れないという事実がダイエットの流行に拍車をかけているのです。

本来ならば一切ダイエットの必要のない人でもダイエットをしてしまうのは、自分に合った適正な体重を知らないことが影響しています。
すべてを見た目で判断してしまい、自分よりも痩せている人を見ると太っているような気がしてしまい、目指す目標を間違えてしまうのです。

では健康的に自分に合っている正しい体重を知るにはどうしたらよいのでしょうか?この適正体重と言うのはきちんとした計算方法があります。また体重のほかに肥満度を計算する方法もあるので、このどちらも計算した上で自分がどのくらいにいるのかを参考にしましょう。

まず適正体重を計算する式は、適正体重=身長(m)×身長(m)×22
とされています。これは適正であり標準でもあります。
この他にモデル体重の計り方などもありますが、このモデル体重と言うのは適正よりもかなりやせ気味になりますので、これは健康的な体重とは異なります。

次に肥満度を表すBMIという数値の計算方法です。
BMI数値=身長(m)×身長(m)×体重となっています。この式で出された数値を見て、18.5未満だと痩せすぎ、18.5以上25未満は標準、25以上は肥満とされています。
(トップページでBMIの計算出来ますので試してみて下さい。)

これらで出した数値がすべて標準に当てはまる場合は、ダイエットの必要はありませんが、これらが標準であっても「見た目」の体型とは必ずしも一致しません。
しかし標準以下になってしまうのは、健康的にも良くありません。もし体型を気にしてダイエットを行う場合には、この標準体重をうまくキープしながらストレッチや軽い運動等で鍛えてシェイプアップするように心がけましょう。

矢印(次の記事へ)
ページ上部へ戻る