シミができる原因は紫外線だけじゃない!

シミの原因

シミの原因として真っ先に挙げられるのは紫外線ですが、シミができる原因は紫外線以外にも数多くあります。
ただ紫外線予防を行うだけでなく、その他の面でもシミ対策を行う必要があります。

たとえば、日ごろ使用している化粧品。これがシミの原因になることがあります。
化粧品には多くの油分が含まれていることがあり、この油分の質によっては油焼けすることがあります。中でも鉱物を原料にして作られた油を使っている化粧品に起こりやすい症状です。
この油焼けがシミのように見えることが多いのです。

次に挙げられるのは食生活です。
ファストフードやケーキなど、多くの砂糖や脂質を含んでいる食品を多く食べ続けると、体の中では活性酸素と呼ばれる物質が増殖してしまいます。これが体全体を老化させてしまうのです。これにより肌の老化も進み、シミができやすくなります。

そして誤った洗顔方法もシミの原因になります。
手に石鹸を付けて泡立ててゴシゴシと肌を洗ってはいませんか?
肌にとって摩擦は大敵です。
外部から刺激を与えると、肌の内側ではその刺激から身を守ろうとしてメラニン色素を発生させます。これがシミとなるのです。

さらにストレスもまたシミの原因になります。
過度なストレスを受けることにより活性酸素が増加すること、そして睡眠不足で自律神経やターンオーバーのサイクルが狂ってしまうとシミができやすい肌になります。

シミを作らないためにもまずは洗顔方法の見直し、生活習慣の改善、そして肌をこすったりしないことが大事です。
メラニン色素の増加を防いで、綺麗な肌を保ちましょう。

矢印(次の記事へ)
ページ上部へ戻る